« Q値等の計算をしないで、省エネルギー対策等級4を確認する方法 | トップページ

省エネルギー関連ソフト紹介

<<< こちらでは、住宅関連のソフトのみご紹介します >>>

住宅以外の省エネルギー関連ソフトは、関連サイト ~省エネ建建築情報館~ へまとめていますのでそちらをご覧下さい。又、各ソフトの詳細については、各メーカーのホームページにてご確認下さい

  
ホームズ君「省エネ診断」(参考価格: 84,000円)
  
   → 株式会社 インテグラル

Integral

ホームズ君「省エネ診断」は、長期優良住宅や住宅性能表示制度、住宅版エコポイントの申請などで求められる省エネ 等級の判定が行えるソフトウェアです。

住宅性能表示制度の省エネ(温熱環境)の熱損失係数(Q値)・夏期日射取得係数(μ値)などから省エネ等級判定を行い、 さらに、暖冷房負荷計算・CO2排出量のシミュレーションが行えます。

又、ホームズ君「構造EX」省エネオプションは、 「改正省エネ法」(2009年4月1日施行)に対応したオプション機能です。
ホームズ君シリーズ定評の「簡単操作」により、難しい住宅の省エネ等級判定も短時間かつ簡単に行うことができます。
また、「絵でみる省エネ診断書」をはじめとした見やすく、わかりやすい帳票が出力でき、施主へのプレゼンにも効果的です。

  [建築知識2009年7月号に技術解説および「構造EX」体験版が掲載されました。]

 省エネ等級4を満たすための条件、等級判定と熱損失係数Q値、夏期日射取得係数μ値、防露対策の関係や、Q値、U値の計算方法について解説しています。

長期優良住宅でも、省エネ対策等級4が認定基準の1つとなっており、今後ますますその必要性が高まってきています。すでに省エネに取り組んでいる方も、これから取り組む方にも基本を確認するのによい内容となっておりますので、是非ご確認ください。

 

省エネルギー計算(住宅編)(参考価格:207,900円)
   
    →株式会社 イズミシステム設計

Izumi

住宅における省エネ性能の計算、省エネ措置の届出書類作成ソフトです。
平成22年4月以降の届出対象範囲拡大(300㎡以上)に対応し、性能基準(Q値、μ値)、仕様基準での計算が可能です。
鉄筋コンクリート造、木造および鉄骨造の住宅の届出書類作成に対応しています。

[標準セット]
標準セットでは、性能基準および仕様基準の両タイプの省エネ措置届出書を作成できます。
外皮の計算では、性能基準による計算(熱損失係数(Q値)および夏期日射取得係数(μ値))および仕様基準(躯体、開口部の熱貫流率計算等)の両基準による計算、書類作成を行うことができます。
設備については性能基準計算(CEC計算)が可能です。

[仕様基準セット]
仕様基準セットでは、外皮の計算は、仕様基準(躯体、開口部の熱貫流率計算等)による計算、書類作成を行うことができます。
設備については性能基準計算(CEC計算)が可能です。
※必要な時点で標準セットへのアップグレードも可能です (アップグレード価格:155,400円)。

   

SAVE-住宅 (参考価格:212,620円+52,500円)
     
   →株式会社 建築ピボット

Savej 

住宅の熱的性能指標を表すQ値(熱損失係数)、μ値(夏期日射取得係数)の計算が行えます。建物モデルの入力により求積、集計は自動、設計変更にも柔軟に対応し、計算結果もリアルタイムに表示されます。

 

エネッコα (参考価格:26,000円  ※30日間無料)

   →シンイチ株式会社

Enekko_2

鉄筋コンクリート住宅(内断熱工法)の省エネルギー法「性能規定」対応計算ソフトです。
エネッコαは、主として共同住宅を計算対象としています。

標準的な間取りであれば柔軟に計算できるソフトです。体験版からその性能を確認してください。

ダウンロードから30日間は無料で、全ての機能が使えます。
引き続きご使用になる場合は、購入手続きを実施してください。

又、「エネッコα」の対象とする建物(RC造-住宅)について、省エネ計算業務の委託を行っております。詳細については、シンイチ株式会社へお問合せ下さい。

  

省エネ判断(参考価格:問い合わせによる)
     
    
コーナー札幌株式会社

熱損失係数(Q値)や夏期日射取得係数(µ値)などを計算し、住宅の省エネ性能を判断するソフトです。このソフトを使用することで「省エネルギー基準」の判定などを、簡単に行うことができます。

  

断熱性能・省エネ性能計算プログラム QPEX(参考価格:問い合わせによる)
     
   →新木造住宅技術研究協議会

新木造住宅技術研究協議会の暖房エネルギー計算プログラム
QPEXVer 2.0では、熱損失係数や部位の熱貫流率、年間暖房エネルギー(Ver1.0)が計算できることは従来通りですが、新たに電気による暖房、熱交換換気採用などに対応し、さらに暖房による年間のCO2排出量も計算されるようになりました。

  

SolarDsiginer(参考価格:294,000円)
   
   →株式会社クアトロ

SolarDesignerは、快適性と省エネルギーを実現するための建築熱環境デザイン・シミュレーションソフトです。
環境・気候を読み解き、建物全体を構成するデザインのアプローチに役立ちます。

       

SMASH for Windows(熱負荷計算プログラム)(参考価格:283,500円)
    
   →財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)

SMASHは、熱回路網モデルにより多数室の動的熱負荷計算を行うプログラムです。
室の温湿度、内部発熱、供給熱量等の条件設定したうえで、期間暖冷房負荷、年間の最大暖冷房負荷の計算のほか、毎時の暖冷房負荷、室の温度・湿度、室内側表面温度、MRT(平均放射温度)などの計算を行うことができます。
住宅の次世代省エネルギー基準の適合判定に使用できるほか、建物の熱的仕様の検討、たとえば躯体の断熱気密仕様、建物形状、開口部使用、パッシブソーラー手法、暖冷房設備機器の仕様・運転方式等の検討に活用できます。

 

熱損失係数(Q値)・夏期日射取得係数(μ値)計算書 (参考価格:1,680円)

   →山口太郎(Vector)

サンプルは、無料なので一旦ダウンロードして購入を検討することができます。

Vectorのソフトウェアライブラリに登録されたシェアウェアで、無料のソフトではありませんが、自分自身で 「住宅の省エネルギー基準の解説」内の計算例(p-315)に添ってエクセルの計算機能を利用して作成しますので、計算の流れが明確でチェックしやすいと思います。

全国共通の計算方法で手計算と同じです。代入する数値などは、上記の解説書より引用します。引用する数値については、解説書の参照部分を記しています。

又、勾配屋根断熱やロフト、基礎内断熱など計算例とは異なる場合は、適時シートを修正して使います。不便なようですが、これにより様々なケースに対応できます。

但、いずれの計算もエクセルの基本操作と「住宅の省エネルギー基準の解説」(IBEC発刊の解説書)が必要です。
    

   

▼▼▼電機メーカー配信ソフト▼▼▼

新築・増改築の基準ソフト(ポイント法、簡易なポイント法)(参考価格:無料)
  →三洋電気販売株式会社業務用空調機器技術資料

  

計算ソフトのダウンロード・省エネ計算・提案(参考価格:無料)
   →三菱電機株式会社

  

Easyeco もっとeco の経済比較計算ソフト(参考価格:無料)
    →三菱電機照明株式会社

   

※その他非住宅用の省エネルギー計算ソフトなどは、★省エネ建築情報館★ 

にもたくさん掲載されていますので、一度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

  

|

« Q値等の計算をしないで、省エネルギー対策等級4を確認する方法 | トップページ

省エネルギー計算ソフト一覧」カテゴリの記事